俳優・女優

岡江久美子さんは初期の乳がんだった!放射線治療で免疫が落ちるの?

岡江久美子さんが、新型コロナウイルスにより亡くなられました。

岡江さんは、初期の乳がんで治療をされていたとのことで、免疫力が落ちていたのではと言われていますが、どのような状態だったのでしょうか。

スポンサーリンク

4月6日から急変して入院していた

岡江久美子

岡江久美子さんが2020年4月23日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。

笑顔が素敵で朗らかで愛されていた岡江久美子さん、さらにまだ63歳とお若い年齢で、非常に残念です。

 

報道では、4月3日より微熱があり、6日の朝に容体が急変、緊急入院されています。

そこから集中治療室に入り、人工呼吸器などで治療を受けていたとのことです。

20日もの間、人工呼吸器が必要な状況での治療を続けていたとのことで、

岡江さん自身も必死でウイルスと戦い、医療者も、非常に尽力されたことだと思います。

 

初期の乳がんで手術していた

岡江久美子さんは、実は初期の乳がんが見つかり、昨年末に手術をなさっていました。

その後、1月末から2月半ばまで放射線治療を行っていたとのことです。

 

初期の乳がん、ということなので、手術では乳房を全部取るのではなく、がんの部分だけを切除したと思われます。

乳がんに対しては、手術だけではなく、放射線治療や化学療法など、いろいろな治療法を組み合わせて治療されることが多く、

岡江久美子さんは、手術と、その後放射線治療をされたようです。

 

放射線治療で免疫は落ちるの?

放射線治療の影響で、免疫力が落ちていたのではないか?という声もあります。

実際は、どうなのでしょうか。

化学療法(抗がん剤での治療)では、免疫力が落ちると聞いたことがありますが、

放射線治療ではあまり聞いたことがありません。

 

そして、

 

乳癌学会理事長の方と、放射線治療医の方々が、このように話されています。

ただ、乳がんの詳しい治療内容については公表されていないので、

もしも化学療法もされていたのであれば、免疫力が低下していた可能性は高いですが、放射線治療であれば、それが原因である可能性は低そうです。

 

乳がんが影響したかどうかはわかりませんが、

初期のうちに乳がんが見つかり、早期治療ができて、これから頑張ろうと思っていたところだったのであれば、

新型コロナウイルスにより命を落とされたことは、家族の方にとって、より一層悔しかったことと思います。

 

新型コロナウイルスでは、一定数の人が重症化し、さらには急変、はやいスピードでどんどん容体が悪くなっていく、と言われています。

ちなみに、新型コロナウイルスの重症化について、小池都知事の前に会見された内容です。

 

まとめ

岡江久美子さんへは、心よりご冥福をお祈りします。

素敵な方で、とても大好きだったので、本当にショックです。

これ以上、亡くなる方が増えないように、感染を拡大させないように、コロナが落ち着くまでまだ外出は控えていきましょう。

スポンサーリンク

-俳優・女優

Copyright© Siripedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.