エンタメ

坂上忍の目の病名は眼窩脂肪ヘルニア!?症状は?再発はあるの?

俳優でタレントの坂上忍さんが右目を手術されたとのことで、心配の声が上がっています。

どんな症状なの? 大丈夫なの? 病名は何?

といった疑問について調べました。

 

スポンサーリンク

 

ブログで右目の手術を行ったことを報告

自身のブログで、4日

現場に.....到着しました。

現場といっても、仕事場ではないんですが.....。

まだ、予約した時間まで少しだけあるのでね。

ってことで、これから手術して来ま~す!

と手術に行くことを報告。

その後、

手術.....終わりました。

まぁ、手術といっても.....。

そこまで大変なものではないといいますか、あっという間に終わったんですが.....。

それでも、めちゃめちゃ怖かったです。

なんせ、眼だったので.....。

と、目の手術をされたことを報告されています。

白内障など、何らかの目の手術をしたことはお分かりいただけると思いますが、

目の手術の場合、局所麻酔をして、そのまま手術をするので、メスなどの医療機器が視界に入る、そして文字通り「目の前」で手術をされることになるので、怖いのも当然かと思います。

手術が終わった報告と同時に、

 

 

眼帯姿の写真をアップされています。

その後、その日のうちに医師の指示に従い、眼帯を外したことも報告されています。

 

今回の症状については、

4年前の暮れ。

突然、右目の脇から脂肪がニョキニョキと出て来まして.....。

とのこと。

その際には眼科で点眼薬をもらい、点眼を続けて2~3週間ほどで元に戻ったそうですが、

3年前にまた症状が出てきて、その後戻らず…

手術に至ったそうです。

ここ1年ほどは、常に少し脂肪が目から見えていた状態だったのかもしれませんね。

実際、Twitter上などでは、「坂上さん目に何かしこりがあるなと思っていました」などという声も聞かれています。

 

病名は眼窩脂肪ヘルニア?

病名は発表されていませんが、

脂肪がニョキニョキ… ということなので、 眼窩(がんか)脂肪ヘルニア の可能性が高いかと思われます。

眼窩(がんか)とは、眼の奥の場所のこと。

眼球の奥の眼窩には、脂肪が詰まっており、眼の衝撃を和らげるクッションの役割を果たしているそうです。

この病気では、その脂肪が白目の耳側に移動してきてしまうことで、黄色い脂肪がニョキニョキっと出てきてしまうんだそう。

通常は眼球周囲の筋肉や靭帯で、その脂肪は出てこないようになっているが、年齢などの原因で靭帯が緩むと、脂肪が目の端からニョキニョキっと出てきてしまうそうです。

 

スポンサーリンク

 

大丈夫なの?再発はあるの?

手術から一夜明けた5日、ブログにて

とりあえず、見た目はさておき……大丈夫!

と報告されています。

 

もし病名が、眼窩脂肪ヘルニアであった場合は、

悪性腫瘍などではないため、再発はあったとしても、命には別条はないかと思われます。

見た目については、ブログで

お医者さんから伝えられていた時間が来たので、(眼帯を)恐る恐る取ってみたら.....。

けっこう、血がね。

眼球も含めて.....ええ。

まぁ、想像の範囲内ではあったんですが.....。

もしかしたら、月曜日からの『バイキング』では.....。

お見苦しい感じになってしまうかも.....です。

と説明されています。

もし手術で脂肪を切除していたとしたら、眼球のあたりに、まだ血が見られたり、数週間は充血した状態が続くかと思われます。

 

まとめ

坂上忍さんの病名は、眼窩脂肪ヘルニアではないか?と思われます。

心配ではありますが、ブログ上で本人が、見た目はさておき大丈夫、とおっしゃっているので、

無理をなさらず、そのまま順調に経過をたどっていくことを祈っています。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-エンタメ

Copyright© Siripedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.